日焼けは肌に悪いってどの程度?

紫外線はお肌に悪く、日焼けはしないほうがいい、という知識を持つ方が一般的になってきていますが、それでも日焼けはそこまで言うほど悪くはないのではないだろうか、なんて思っていませんか?ここでは、日焼けがどの程度私たちのお肌にダメージを与えるのかについて、ご紹介しています。

まず、私たちが住む地球のオゾン層がどんどん破壊されてしまった結果、昔よりも体に悪い紫外線がたくさん地球上に降り注いでしまっているのですね。そのため、昔よりも紫外線によるお肌へのダメージがダイレクトに届いてしまっており、今後皮膚がんなどを患ってしまう方も増加する傾向にあるようです。

<紫外線て何?>

紫外線は、太陽に含まれるいろいろな種類の光の一つで、私たちのお肌にダメージを与える光が紫外線です。日焼け後数時間から数日後に出現される症状としては、お肌が真っ赤になってしまうこと、それから色素沈着、さらに免疫力が低下してしまうことなどが主な症状と言えるでしょう。それから、数か月から数年後、数十年後にお肌に浮上してくる主要やシミ、シワも紫外線によるダメージが発端になっていることも。

お肌の遺伝子であるDNAが紫外線を吸収し、そのせいで色素沈着などが引き起こされるんですね。一応角ではない日焼けには体は修復できる機能があるそうですが、繰り返し日焼けすると、遺伝子の損傷が徐々に追いつかなくなっていき、しみ、シワ、良性や悪性の腫瘍となって表れてくるんですね。

紫外線を浴びることで、活性酸素が発生し、老化が進んでしまうということもわかっています。ハリのないシワシワのお肌になりたくなかったら、日焼け止めは必須なのです。

5月からは紫外線量が増えるともいわれていますので、みなさんも外出の際にはしっかり紫外線対策をし、家の中でも日焼止めでお肌をカバーしてあげることがおすすめですよ。スプレータイプの物なども上手に利用し、手が届きにくい背中なども、海やプールへ出かけるときには忘れないようにしたいですね。