シミができるメカニズム

日差しが日々強くなる今日この頃、シミを作りたくないと不安に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そうであれば、まずはシミができるメカニズムを知っておきたいものですよね。ここでは、シミってどうしてできてしまうのか、どんな種類のシミがあるのか、そのメカニズムを探ってみましょう。

<シミにはいろいろ種類がある?!>
シミと一言で言っても、実はいろいろな種類のシミがあるのです。また、そのシミの種類によっても、対処法は異なるのです。例えば、シミの中でも日焼けでできてしまうシミが、老人性色素斑と呼ばれるもの。頬からこめかみにかけて、大きいものでは1cmくらいの丸いシミが現れます。

また、最近女性誌でも取り上げられたりしている肝斑は、30~40代の女性に多く、女性ホルモンが関係しているといわれています。妊娠中にシミができてしまった、というかたは、この肝斑である可能性が高いようです。

小学生くらいから顔全体に発生するのは、ソバカスです。これは体質によることが多く、遺伝しやすいといわれています。

また、額や目の周り、頬などに出現する遅発性両側性太田母斑は、生まれた時からある人もいれば、20歳以降に出る方もいらっしゃる、青色や茶色のあざです。

また、いぼのように盛り上がってシミは脂漏性角化症といい、気になる方は皮膚科で除去してもらうのがよいようです。

<なんでシミになるの?>
紫外線にあたることで、お肌の角化細胞トラブルが発生します。そうすると、私たちの体は勝手に色素細胞にメラニンを作るよう指示を出し続けてしまうので、メラニンが過剰に生成され、結果として小麦色の肌になりますよね。それにホルモンの関係でも、色素細胞からメラニンが過剰生成され、お肌の生まれ変わりのサイクルでも解消できないくらいの量になってしまい、結果としてシミになってしまうのです。

シミになりたくない方にとって日焼け止めは必須なのは、角化細胞にトラブルが発生してしまうのを予防するためなのです。