二の腕のニキビはニキビではないかも

二の腕のブツブツはニキビでないことが多いです。
ニキビは顔などのニキビ菌、アクネ菌が多く生息している場所に出来ます。ですが、二の腕に出来るブツブツはニキビではない可能性が高いです。二の腕のブツブツはニキビができる時と違ってピンポイントで出来るのではないことが多いようです。ニキビの場合は小さなものが一つ二つ独立して出来ることがありますが、二の腕のブツブツの場合は広範囲にわたって出来ることが多い。色も形もニキビとは少し違います。

ニキビの場合は赤ニキビ、黒ニキビ、白ニキビといった色を持っていることが多いです。でも二の腕のブツブツの場合、赤みを持ったブツブツも出来ますが、それ以外に皮がめくれたような感じになることも多い。ブツブツ以外にガサガサとした印象のものもできます。そのようなものはニキビとはちょっと違うようです。ニキビの原因となっているニキビ菌、アクネ菌が原因となって出来ているような感じでもありませんし。

二の腕のブツブツは多くの場合、「毛孔性苔癬(もうこうせいたいしん)」と呼ばれるものです。これはニキビとはまた別のものですので、ニキビの薬を塗っても効きません。毛孔性苔癬は現代医学でもまだ原因がはっきりと分かっていない皮膚疾患の一種です。何年か前はビタミンAの取り過ぎが原因でなる、と言われていましたが現代ではそうではない、とされています。遺伝が原因でなる…という研究者もいますが、でもはっきりとしたことはわかっていないようです。ほおっておいても健康上何の被害もないので、特に治療を要する事もありません。角質の異常が原因、と言われることもあるので、角質を上手に取り除いたら治まる、という方もいらっしゃいます。健康に悪影響はないといっても実際には見た目が良くないので、何とかしたい…という方にはそれ専用のクリームが売られています。こちらを使うのも良いでしょう。こちらをどうぞ↓
http://xn--k9ja2a6ab2237btysk0imq0a6nxut0as0d.com/ranking/purerte.html

二の腕のブツブツは女性にはあまり歓迎されませんから、二の腕をみせることが少ない冬の間に治療するのが良いかもしれませんね!!

背中ニキビを早く治す

背中に出来るニキビの特徴は赤みを帯びたものができやすい、という事ではありませんか!?
背中には小さなニキビができることも多いのですが、でも背中のニキビが気になる事はすでに大きなニキビになっていることが多い。それを防ぐには皮膚を清潔にする、という事が一番近道です。一番してはいけないことは、ご存知の通りニキビをつぶすこと。それをしてしまうと、背中のニキビの場合とても跡になりやすいです。だからニキビをつぶすことは極力避けましょう!

冬はニキビができにくいとされています。これは夏に比べて汗をかかないから…、という事ですが、でも冬の方が実は背中のニキビはできやすいのです。というのも冬にあく汗は夏のサラサラとした汗に比べると成分が濃縮されています。夏に比べると冬は摂取する水の量が少ないので、だから冬の汗は濃いのです。その濃い汗が背中に流れると…、夏と違って冬服は体内に熱がこもるように作られているので汗もなかなか蒸発してくれません。汗に含まれる不純物はやがて肌の上に残り、ニキビの原因になってしまう訳なのです。これでは困りますよね!冬の汗対策もやっておくべきなのです。例えばサッとタオルで服だけでも、汗ふきシートで拭き取るだけでも効果があります。

背中にニキビが出来てしまったとき、小さなニキビで痛みや腫れがないものでしたら自然治癒力でなるべく治すようにしましょう。でも小さくても痛みがあったり、腫れを伴って痛いものでしたら皮膚科に行った方が良い場合もあります。というのも、前述した通り、背中のニキビは跡になりやすいからです。背中にニキビ跡があると何かと不便なものです。水着を着るのも、背中にニキビがあると不潔に見えてしまいます。綺麗な背中をずっと冬場でもキープした方が素敵なものです。それにはちょっとしたひと工夫が必要なのです。
背中にニキビ薬を塗る事は自分一人では難しい。そんな時は皮膚科に行きましょう。また皮膚科に行くのがちょっと難しい場合は…、市販の飲み薬を使うのも一つの手です。チョコラBBなど沢山の会社から販売されています。でもこの飲み薬を飲む場合は、使うことがクセにならないように気を付けてくださいね!

顔以外のニキビについて

顔以外に出来るニキビのうち、気にした方が良いのは背中や胸元かもしれません。その両方共とても後になりやすいからです。特に胸元にニキビの跡が出来るのは女性ならきっと誰しもが嫌な思いをするしょう。胸元にニキビがあると清潔感が無いように思う女性が多いからです。ですから胸元のニキビは、あまり歓迎されませんよね。

背中のニキビもできると嫌な思いをするものです。特に背中のニキビは出来てしまったときにはもう既に痛い状態になっていることが多い。赤みを帯びて膿を含んだ赤ニキビ…。背中に出来てしまうと何かと嫌なものです。跡にもなりやすいですし。夏の間は何かと背中を清潔にするべく気を使っている方でも冬場は油断することが多いようです。冬場こそ背中のニキビはできやすいのなのです、困ったことに。というのも冬場でも意外な事に背中に汗をかくことは多いのです。ちょっと長距離を歩いている時など軽く汗をかくこともありますよね!?そういう時に夏なら汗ふきシートなどを使って皮膚を生活にすることが出来ますが、でも冬はそんな事をしないことが多い。そうなると背中にニキビが出来てしまうのですよね…。

顔以外にもニキビは体中どこにでも出来ます。前述した背中や胸元以外にも、頭皮や首など汗腺があるところ、皮膚の新陳代謝が盛んなところにもニキビは出来るものです。それを完全に防ぎたいのでしたら、冬であろうと夏であろうと皮膚を清潔に保ち、体力もしっかりと保つことです。

ニキビが厄介なのは跡になりやすい事や繰り返すことです。その原因は肌が不潔だったり、食事が良くなかったりする事が多いようです。顔にニキビが多くできてしまう時は顔以外にもニキビができる可能性があるのです。ニキビを防ぐのにはちょっとした工夫を心遣いがとても大切になってきます。そしてニキビが出来てしまって痛い…といった場合は速やかに皮膚科を受診することがニキビを跡にさせない一番の方法という事もお忘れなく!!