二の腕のニキビはニキビではないかも

二の腕のブツブツはニキビでないことが多いです。
ニキビは顔などのニキビ菌、アクネ菌が多く生息している場所に出来ます。ですが、二の腕に出来るブツブツはニキビではない可能性が高いです。二の腕のブツブツはニキビができる時と違ってピンポイントで出来るのではないことが多いようです。ニキビの場合は小さなものが一つ二つ独立して出来ることがありますが、二の腕のブツブツの場合は広範囲にわたって出来ることが多い。色も形もニキビとは少し違います。

ニキビの場合は赤ニキビ、黒ニキビ、白ニキビといった色を持っていることが多いです。でも二の腕のブツブツの場合、赤みを持ったブツブツも出来ますが、それ以外に皮がめくれたような感じになることも多い。ブツブツ以外にガサガサとした印象のものもできます。そのようなものはニキビとはちょっと違うようです。ニキビの原因となっているニキビ菌、アクネ菌が原因となって出来ているような感じでもありませんし。

二の腕のブツブツは多くの場合、「毛孔性苔癬(もうこうせいたいしん)」と呼ばれるものです。これはニキビとはまた別のものですので、ニキビの薬を塗っても効きません。毛孔性苔癬は現代医学でもまだ原因がはっきりと分かっていない皮膚疾患の一種です。何年か前はビタミンAの取り過ぎが原因でなる、と言われていましたが現代ではそうではない、とされています。遺伝が原因でなる…という研究者もいますが、でもはっきりとしたことはわかっていないようです。ほおっておいても健康上何の被害もないので、特に治療を要する事もありません。角質の異常が原因、と言われることもあるので、角質を上手に取り除いたら治まる、という方もいらっしゃいます。健康に悪影響はないといっても実際には見た目が良くないので、何とかしたい…という方にはそれ専用のクリームが売られています。こちらを使うのも良いでしょう。こちらをどうぞ↓
http://xn--k9ja2a6ab2237btysk0imq0a6nxut0as0d.com/ranking/purerte.html

二の腕のブツブツは女性にはあまり歓迎されませんから、二の腕をみせることが少ない冬の間に治療するのが良いかもしれませんね!!